【最短8月19日(水)】着から※一部商品除く
【お知らせ】本日、多くのご注文をいただいている為、電話対応を休止いたします。

【重要】新型肺炎による飛行機の減便により「中国、四国、九州、沖縄、和歌山県、兵庫県の一部」へは” 活花咲ガニ、朝ゆでずわいがに、朝ゆで毛ガニ、活毛がに、生うに、牡蠣 ”のお届けができません。 ※「茹で上げ毛がに、かにしゃぶ、魚卵、魚介類」等、冷凍商品は通常通りお届けできます。

一夜干しめんめ(きんき)
釧路が誇るめんめ(きんき)は脂のりが最高の白身の魚。

鮮度抜群のめんめを贅沢に使用
とれたて鮮度抜群のめんめ(きんき)を贅沢に一夜干しに
  北海道に来たら一度は食べたい憧れの魚です。

場所によってはキンキ、キチジ(吉次・喜知次)とも呼ばれていて、
キチジはその名の通り、北海道では鯛の代わりとして、
慶事に使われる事もあります。
(北海道では、南方系の鯛はとれないのです)

魚体が赤色という点では鯛と一緒ですが、
違うところは、脂のりがとてもよく約20%もあり、
これは鯛が約5%~10%前後、
また同じ白身の鰆(サワラ)が約10%に対して、
比較にならない程の脂のりです。

20%と言いますと、北海道やロシア海域でとれる魚の中では、
全身トロ状態と呼ばれいる幻の鮭「鮭児(ケイジ)」や
前浜で水揚げされる時鮭、大型のトロ秋刀魚も同じくらいあります。

めんめならではの上質な脂を楽しめる

だから本当に、ジュウシーで身がふわっとして、最高に美味。

脂がのっているのに全くしつこくなく、さっぱりしているから、
一度食べるとその上質な美味しさで、
リピートが絶えない人気商品となっています。

また、水揚げが極端に少ないので価格も高く、
炉ばた等では必ずと言っていいほど時価で表示される高級魚です。

上質な脂のりを楽しめる全くしつこくない上質な脂、ふわっとしてジュウシー

旨みを最大限に引き出した絶妙な塩加減
めんめ(きんき)の旨みを最大限に引き出す絶妙な干し具合と塩加減
  本場釧路の炉端で食べるよりも、美味しいめんめをお届け。

北釧水産では、釧路、羅臼(らうす)、根室(ねむろ)、ロシア海域で、
水揚げされた鮮度抜群のめんめを、
こだわりの干し加減、塩加減で丁寧に干し上げ、
真空パックにしてお届けいたします。

水揚げが少ないので、
一度にたくさんはお届けできません。
今回は、各サイズ数量枚限定のお届けです。

釧路の炉ばたで食べるより、
もっと美味しいメンメを、自信をもってお届けいたします!
めんめ(きんき)のご感想
栃木県 薄井 様

今回は炭火で焼いてみました、さらに美味しかったです
キンキのアマイあぶらのたまらない事といったら。 もちろんホッケも!

子供たちもおじいちゃん、おばあちゃんも大喜びでした。
また頼みます!


北海道 Y・K 様
HPに掲載されていたキンキの中でも一番小さいものでしたが、それでも十分に大きく食べ応えがありました。

油のりもよくとても美味しくいただきました。


大阪府 ken-ok 様

今回初めて頼んだキンキの一夜干しが大変美味しかったです。

5歳の娘もこれ美味しいね!と喜んで食べ、
10ヶ月の息子まで味がわかるらしくぱくついていました。
ありがとうございました。


岡山県 ボス 様
一言『ものすご-く満足できた味でした!』

特に、きんきはあの大きさは、普段おめにかかれません。
油が乗っていて、おいしかったです。


東京都 N・Y 様
釧路で生活してた時は、コマイといったらカナズチでたたいてペンチで皮を剥いて食べてましたよ。
こじんまりした居酒屋で食べたコマイの一夜干しの感動再びでした

メンメは懐かしかったです手のひら位の大きさのかんかんに干したのをストーブ(ルンペンストーブ)で焼いて食べて頃おもいだしました。

カサゴ類のなかでは右に出るものは無い感じでした。
酒が進み過ぎるコマイとメンメですね。


長野県 ぴのこ 様
わたくし、これまでの人生の中で、「一夜干しを口にした瞬間、涙がこぼれた」のはこれが初めてです。

もう見るからにおいしそうだったのですが、実際に食べると、泣くほどうまい!
ほんとに幸せな気分になりました。

お酒もすすみました。


茨城県 えのけん 様
今回はホッケ一夜干しとキンキをお願いしました。

着いた日の昼ご飯にキンキ、その日の晩ご飯にホッケの一夜干しを焼いて食べたのですがキンキは脂がすごくのっていて、ホッケは身が柔らかくて1歳半の息子がそれぞれ半身ずつを「うまい」「うまっ」と言いながらペロッと平らげてしまいました。
子供の舌は正直って言いますがホントですね。


一夜干しめんめ(きんき)
釧路が誇るめんめ(きんき)は脂のりが最高の白身の魚。

鮮度抜群のめんめを贅沢に使用
とれたて鮮度抜群のめんめ(きんき)を贅沢に一夜干しに
  北海道に来たら一度は食べたい憧れの魚です。

場所によってはキンキ、キチジ(吉次・喜知次)とも呼ばれていて、
キチジはその名の通り、北海道では鯛の代わりとして、
慶事に使われる事もあります。
(北海道では、南方系の鯛はとれないのです)

魚体が赤色という点では鯛と一緒ですが、
違うところは、脂のりがとてもよく約20%もあり、
これは鯛が約5%~10%前後、
また同じ白身の鰆(サワラ)が約10%に対して、
比較にならない程の脂のりです。

20%と言いますと、北海道やロシア海域でとれる魚の中では、
全身トロ状態と呼ばれいる幻の鮭「鮭児(ケイジ)」や
前浜で水揚げされる時鮭、大型のトロ秋刀魚も同じくらいあります。

めんめならではの上質な脂を楽しめる

だから本当に、ジュウシーで身がふわっとして、最高に美味。

脂がのっているのに全くしつこくなく、さっぱりしているから、
一度食べるとその上質な美味しさで、
リピートが絶えない人気商品となっています。

また、水揚げが極端に少ないので価格も高く、
炉ばた等では必ずと言っていいほど時価で表示される高級魚です。

上質な脂のりを楽しめる全くしつこくない上質な脂、ふわっとしてジュウシー

旨みを最大限に引き出した絶妙な塩加減
めんめ(きんき)の旨みを最大限に引き出す絶妙な干し具合と塩加減
  本場釧路の炉端で食べるよりも、美味しいめんめをお届け。

北釧水産では、釧路、羅臼(らうす)、根室(ねむろ)、ロシア海域で、
水揚げされた鮮度抜群のめんめを、
こだわりの干し加減、塩加減で丁寧に干し上げ、
真空パックにしてお届けいたします。

水揚げが少ないので、
一度にたくさんはお届けできません。
今回は、各サイズ数量枚限定のお届けです。

釧路の炉ばたで食べるより、
もっと美味しいメンメを、自信をもってお届けいたします!

ご注文はこちら

6件中 1-6件表示
6件中 1-6件表示